土用の丑の日

0
    こんにちは!受付栄養士の岸川です!
    7月20日は土用の丑の日!
    みなさんはうなぎを食べましたか?
    今日は『土用の丑の日』の意味、うなぎを食べる由来について紹介します!
    まず『土用』とは立春、立夏、立秋、立冬の四立の前の約18日前の期間のことです。
    『丑の日』とは十二支の丑(うし)のことをいいます。
    つまり『土用の丑の日』とは約18日間の土用の期間のうち12周期で割り当てられる十二支が丑の日を示します。
    土用の丑の日は季節の変わり目にあたるため、
    猛暑で体調も崩しやすい夏にうなぎを食べて栄養素をたっぷり摂ろうという考えから、うなぎが食べられているようです!
    まだまだ暑い日が続きますが、体調に気をつけて今年の夏も乗り切りましょう!

    関連する記事

    カレンダー

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    最近の投稿

    アーカイブ

    リンク

    プロフィール

    書いた記事数:176
    最後に更新した日:2019/09/10

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM